スネイリーズのひみつ

はじめまして。
ちょっとのんびり屋さんだったり、ぶきっちょさんだったりする子どもたち。
スネイリーズは、オーナー自身の子育て経験を元に生まれたブランドです。
障がいがあってもなくても『自分でやりたい』気持ちは同じ。
うまくできずに自信をなくしてほしくない、という母としての経験と思いから生まれました。

1.子どもの気持ちにより添う

頑張る子どもの背中にそっと手を当てるように、親目線で子どもの成長をサポートします。
『じぶんでやってみたい!』『ひとりでできた!』 
子どもの勇気と喜びを分かち合う、ちょっとだけハードルを下げる工夫がポイントです。

2.「ちょっと頑張る」ためのユニバーサルデザイン

ゆっくりでも一段一段階段を上り、本人の持つ力を引き出せるように「続けられる」難度で 日々のモチベーションを維持します。 それは、「ただ楽にできるため」のサポートグッズではありません。
スモールステップで成長する子どもが、チャレンジする気持ちを育てるグッズです。

3.自信とレジリエンスを育む

「じぶんでできる」体験を通じて自信を育てます
たとえハンディキャップがあっても、自分自身に対する自信がその先の人生へのレジリエンス(困難に打ち勝つ力)を育みます。