スネイリーくんのお話

みなさんは、アーノルド・ローベル著「ふたりはともだち」(文化出版曲、三木卓翻訳)という本をご存知でしょうか。
「ふたりはともだち」は、がまくんとかえるくんの友情物語のシリーズのうちのひとつですが、その中に収められた心温まる5つのエピソードの中に『おてがみ』というお話があります。
お手紙をもらったことのないことを悲しむがまくん。それを聞いた、心優しいかえるくんがこっそりがまくん宛のお手紙を書いて、かたつむりくんに配達を託したところ…、というお話です。
ほっこりした、とても心が温まるお話なので詳しくは書きません。ぜひ読んでみてください。


「おてがみ」にまつわるエピソード

かたつむりのロゴには、このお話にまつわる息子のエピソードが込められています。

ダウン症を持って生まれてきた長男が小学校1年生の時、在籍していた特別支援学級で この『おてがみ』を元に かんたんなセリフ劇が作られました。

その時の息子の配役が、かたつむりくんでした。

初めと最後にしか出番がないかたつむり役ですが、お面を頭に嬉々として演じていました。

ストーリーの、のんびりやで気のいいかたつむりくんが誇らしげに一生懸命配達する姿は、健常の子どもたちよりゆっくり成長する息子の姿に重なりました。

かたつむりくんとともに

息子と同じようなハンディキャップを持った子どもたちを、少しでもサポートできたらいいな。

だれでも、どんな特性の子どもでも、扱いやすいユニバーサルデザインの学用グッズを作ろうと考えた時、真っ先に思い浮かんだのが、息子が演じた、あのかたつむりだったのです。

それなりのスピードでも 一歩いっぽ 歩み続けることが大事

童話「おてがみ」に描かれたかたつむりのように、マイペースでもベストを尽くし歩んで行けるように。そんな思いを込めて、スネイリーくんのキャラクターが出来ました。

かたつむりのスネイリーくんは、そんなゆっくり成長する子どもたちの象徴なのです。